ACLセミファイナル、横浜F・マリノスは1点ビハインドでホームの2ndレグへ。

昨夜はルヴァンカップの2回戦、J1クラブがJ3のクラブとアウェイ(J3のクラブのホームスタジアム)で対戦する興味深いカードもあり、そっちへ目が行ってしまいそうだが(Leminoで見逃し配信を視聴させていただこう…)昨夜は重要なACLの東地区のセミファイナル1stレグもあったのだ。
横浜F・マリノスがウルサン(蔚山)のホームへ乗り込んでの1stレグ。リザルトは0-1で、来週24日に行われる2ndレグへ向かうこととなった。
ぶっちゃけ1点ビハインドは十分な結果。2ndレグでの逆転を期待したい。

続きはこちらでどうぞ。。。
https://kohs-football.com/8013/

| trackback (0) |

U-23アジアカップ初戦、早い時間に先制も数的不利を凌いでの辛勝。

中国との初戦。8分、右サイドで落とされたボールを山田楓喜がワントラップ、あーワンタッチプレーのチャンスだったのに…と思ったが、次の瞬間クイックなキックで速いクロスをディフェンスラインの裏に落とし、松木が抜け出してボレーで合せて先制。
ところが16分過ぎ、西尾がぶつかってきた相手に報復のエルボーをかましてしまい、VARの結果一発レッドに。
あれは数試合出場停止になるだろうな…

続きはこちらでどうぞ。。。
https://kohs-football.com/8011/

| trackback (0) |

U-23アジアカップ、本日初戦。

パリ・オリンピック出場権のかかるU-23アジアカップが昨日開幕。
オープニングマッチのオーストラリアVSヨルダンをDAZNで視聴したが、まぁ消耗戦で大味な内容で、ま、こうなるだろうな、と。リザルトはスコアレスドロー。
続いて行われたカタールVSインドネシアは、ホームのカタールの順当勝ち。先制点は(また)微妙なPKだったが…
次節がカタールVSヨルダンなので、日本のグループを突破した対戦相手(クオーターファイナル)がカタールとオーストラリアになるのか、はたまたヨルダンももつれてくるのか、大体目星が付くだろう。
日本の初戦は今夜、日本時間22:00。テレビ朝日地上波でも放送。

続きはこちらでどうぞ。。。
https://kohs-football.com/8005/

| trackback (0) |

堂安のこういうゴール、シュートを日本チームで見たい…

ブンデスリーガは早くもレヴァークーゼンの優勝が決定。なんとここまで29戦、25勝4引き分けと無敗。バイエルン・ミュンヘン以外の優勝は2010-11シーズン、2011-12シーズンを連覇したクロップ監督と香川のドルトムント以来。
いやはや、今シーズンのシャビ・アロンソ監督のレヴァークーゼン、強すぎですな。
ブンデスリーガでは堂安が見事なゴールを叩き込んで決勝ゴール。
右からカットインして味方に当て、リターンをペナルティエリア外からワンタッチでファーへ鋭く叩き込んだファインショット。

続きはこちらでどうぞ。。。
https://kohs-football.com/8002/

| trackback (0) |

3月の月間MVP選出の菅原、ゴール右から豪快ショットで逆転勝利に貢献。

セルティックの旗手もまるでモドリッチのような、バイタルエリアにスルスルと入って行って、左足でのワンタッチ(トラップ)からクイックに右アウトでゴール左に突き刺すシュートを決めておるが(ま、スコットランドリーグ、、、バイタルを空けすぎだけどね…でもシュート技術はお見事)AZの菅原はホームで2点ビハインドの状況から反撃の口火を切るゴール、、、ここからチームは逆転勝利。

続きはこちらでどうぞ。。。
https://kohs-football.com/8000/

| trackback (0) |

ヨーロッパリーグ、リヴァプールまさかのホームで0-3。

ヨーロッパリーグのクオーターファイナル、リヴァプールVSアタランタの1stレグ。なんと0-3で完敗を食らったリヴァプール。
アタランタは良いチームで、今シーズンのヨーロッパリーグでは守田の所属するスポルティングとの対戦も興味深く視聴。
このリヴァプール戦はリヴァプールのボールホルダーなりパスの付け所に対して速い寄せ、複数人への囲み、ボールの出し所となる選手には入れ替わりでマンマーク、という戦いでリヴァプールを窮屈な状況に。

続きはこちらでどうぞ。。。
https://kohs-football.com/7997/

| trackback (0) |

“街中スタジアム”の波及効果。

横浜国際スタジアム(日産スタジアム)のピッチは酷い状態で、まるで普通の公園の芝生広場みたいな様相。これでは選手もプレーできないし、ケガのリスクもある。
2019年のラグビー・ワールドカップの時にハイブリッド芝にしたんだが、それがあまり良くないので元(オール天然芝)に戻したそうだが(*)それからずっとピッチ状態は良くない。
どうも日本のスタジアムはハイブリッド芝も適合性が低いのかね。だけど元に戻したのになんで???とは思いますね。元々ピッチと水はけは最強という横酷だったのに。。。

続きはこちらでどうぞ。。。
https://kohs-football.com/7994/

| trackback (0) |

リヴァプール、来シーズン新監督はスポルティングのアモリム監督??

守田が所属するスポルティングのルベン・アモリム監督が来シーズンからのリヴァプール監督就任に口頭合意、、、と報じられている。
アモリム監督がスポルティングでやっているフォーメーション・システムは3-4-3。中盤センター2枚で、ここの一角が守田。
そのスポルティング、今シーズンここまで首位をキープ。前節は勝点差1で追うベンフィカとの直接対決。この大一番を1-1からアディショナルタイムのゴラッソで2-1と勝ち切り、ベンフィカとの勝点差は4に。

続きはこちらでどうぞ。。。
https://kohs-football.com/7990/

| trackback (0) |

「SheBelieves Cup」ブラジル戦、テクニック以前の問題を抜本的にどうにかできるのか???

日本時間本日早朝(5:00過ぎキックオフ)「3位決定戦」と銘打たれた SheBelieves Cup の第2戦。日本は3バック(3センターバック)なのか?? 変則4バックのつもりなのか?? 中盤センターが長谷川唯と林穂之香で、前線が中央に田中美南、右が藤野、左が浜野。1トップ・2シャドーのつもりなんだろう、、、にしては、浜野や藤野のポジショニングが指示なのかどうかわからんが、結構謎だったり意味不明だったり。。。
序盤から両ウイングバックの清水と北川が高い位置を取ろうとし、センターバックも3枚のうち1枚は前へ出るように言われてたんだろう、なかなかカオスな形に見えた。
だが10分あたりから、ブラジルの強度やボディコンタクトに押されっ放し。

続きはこちらでどうぞ。。。
https://kohs-football.com/7981/

| trackback (0) |

クライフターンで”お代わり”できる…今度は南野だ。

先週末の試合で、左サイド深い位置で見事なクライフターンを見せてマーカーを置き去りにした南野。
いや~条件反射的にクライフターンに見入ってしまい何度も見返してしまう性(さが)なのはもうどうしようもない。
今回の南野のクライフターンが凄いのは、相手と相対した状態ではなく、後ろに張り付いている相手をクライフターンで置き去りにした点、、、ちょっと斬新に思えた。そしてゴールライン沿いに中へ切れ込み、今度は右→左のダブルタッチもさらにもう1人交わしたプレー…

続きはこちらでどうぞ。。。
https://kohs-football.com/7975/

| trackback (0) |

▲ページのトップへ

CALENDAR

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

<<前月 2024年04月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ