U-19女子アジア選手権、素晴らしいゴラッソで2大会連続5回めの優勝。

昨夜のファイナル、テクニックも戦術もこちらの方が明らかに上だが、強い当たりと出足でこちらの攻撃を封じてきて、サイドでボールを持つと2枚で潰しにくると、、、反撃はテクニックとフィジカルに優れた2枚の単純な縦への突破というような、、、だが、こういうのが厄介なのは皆さん既によくご存じのとおり。
それでも後半早々に、植木がペナルティエリア左角から、左→右のフェイントでマーカーをズラしてスペースを作ってクイックモーションからの対角線シュートが実に見事にゴール逆サイドネットに突き刺さって先制。この1点を守り切って優勝を果たした。

日テレ・ベレーザ所属の植木だが、先日、香川もこうしてフォワードに置いて、こういうプレーをすりゃいいのに…などと書いたが、この試合以外でも、サイド(特に左サイド)でボールを持って、マーカーと相対した時の姿勢がクライフにちょっと似てたりして(ベルカンプって言った人もいるが)素晴らしかったですな。私的には今大会のMVPだな。
http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/index.php?e=2698

ファイナルのシュートも、香川もこういうショットを決めようよ…ってな感じだな。いや、別に香川じゃなくてもいいんだが。

なお、男子のU-17ワールドカップは、日本はPK戦でイングランドに敗退したが、その後、そのイングランドがセミファイナルではブラジルを3-1で下し、ファイナルではスペインに2点を先制されながら5-2とひっくり返して優勝。サンチョ抜き(グループステージだけ出場して、所属クラブのドルトムントに戻った←今年夏にマンチェスター・シティからドルトムントへ移籍)でね。

| trackback (0) |

この記事のトラックバックURL

http://www.ladyweb.org/people/koh/blog/tb.php/2707

トラックバック

▲ページのトップへ

CALENDAR

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

<<前月 2024年06月 次月>>

Back Number

これ以前の記事はこちらから

Recent Trackback

Profile

▲ページのトップへ